「重曹」「ミョウバン」「クエン酸」の消臭効果

ワキのニオイに試してみる価値アリです!

 

 

ワキのニオイが気になる季節が来ると憂鬱になってしまいますよね。
自分はワキガなのかも…と悩んでいる方の誰もが、そのニオイをどうにかしたいと思っているのではないでしょうか。

 

 

市販の制汗剤を使うのも良いのですが、100円ショップやスーパーでお手軽に買うことが出来る、重曹ミョウバンクエン酸などを試してみるのはいかがでしょうか?
ナチュラル系の素材ならお肌にも優しそうですし、どれも消臭効果を持っています。

 

 

「重曹」

水100ミリリットルに対して小さじ1杯の重曹を入れ、よく混ぜます。
この重曹水をスプレーボトルに入れて、ワキにスプレーするだけです。

 

重曹の性質は弱アルカリ性で、ワキのニオイなどに対して消臭効果があります。
また、殺菌作用も持っているのでWで効果を発揮してくれます。

 

それでもまだニオイが心配…と言う方は、重曹を一掴み、お風呂に入れてみましょう。
最初は違和感があっても、定期的に入ることで慣れてしまいます。

 

 

「ミョウバン」

ミョウバンには消臭効果と殺菌効果があり、汗を抑えることも出来ます。

 

水500ミリリットルに対して大さじ1杯のミョウバンを入れ、よく混ぜます。
これがミョウバン水の原液となります。
この原液を更に10倍に薄めたものを使用します。
手やコットンでこまめにパッティングするようにしましょう。

 

 

「クエン酸」

ワキガの嫌なニオイの原因は「アポクリン腺」という汗腺から分泌される、アンモニアを含んだ汗です。
クエン酸は、このアンモニアに対して効果を発揮します。

 

水500ミリリットルに対して小さじ1杯のクエン酸を入れ、よく混ぜます。
手やコットンでこまめにパッティングするようにしましょう。

 

重曹と同様、お風呂に入れることも出来ますので、クエン酸風呂にしてみるのもオススメです。

 

クエン酸は食べ物からも摂取することが出来ます。
梅干しレモンリンゴなどに多く含まれているので、これらを普段から意識して食べるようにしてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

これらはどれも消臭効果を持っていますので、ワキ以外にも足や靴に使うことが出来ます。
スプレーボトルに入れたものを外出の際に持ち歩いていれば、ニオイが気になった時にいつでも簡単に使うことが出来ます。