自分では気づきにくいワキのニオイ〜あなたの脇はワキガではありませんか?〜

日ごろの生活の中で、自分のニオイが気になった事ってありませんか?
ニオイに敏感な女性は気にしたことがある方は多いのではないかと思います。
男性であっても年齢を重ねるごとに加齢臭が気になるという事はよくあるのではないでしょうか。
油断すると体からは色んな部分からニオイが出るものですが、中でも周囲に影響を及ぼす体臭の代表と言えば「ワキガ」です。

 


誰しもそうですが、自分のニオイというのは慣れてしまって良く分からないものです。
自分の脇を嗅いだところでワキガかどうか判別することは困難と言えます。
もし仮に、自分でワキガだと感じるくらいのニオイが出ていたなら、それはかなりワキガの可能性が高いでしょう。

 

では、自分でワキガかどうか判断する方法はないのでしょうか。
実は、ワキガかワキガじゃないか、判断するためのポイントがあるので自分に当てはまるかどうかよく確認してみましょう。

 

1.体が毛深いか

体全体の中で特に注目すべきはやはり脇ですが、それだけでなく体全体が毛深い方は注意する必要があります。

 

2.耳垢が湿っていたり、ネバネバしていないか

普段耳かきや綿棒で耳の掃除をしている時の耳垢を観察してみてください。
かなり湿っていたり、ねばついていませんか?

 

3.脇汗が多いか

やはりワキガの原因として、一番直結する問題は脇汗の多さです。
脇汗でシャツの色が変わっていませんか?

 

4.食生活が欧米寄りになっていないか

肉や乳製品を中心とした食生活になっている場合は要注意です。

 

5.両親がワキガではないか

両親の体質を受け継ぎ、ワキガに至るケースもあるという事もあるようです。
実際に、親の体質は無関係ではないという事が科学的にも認められています。

 

以上のポイント中、あなたはどれくらい当てはまりましたか?
自分に心当たりがある項目が沢山あればあるほど、あなたがワキガである可能性は高いと言えるかもしれません。
しかし、あまりに気にし過ぎて本当はワキガじゃないのにワキガだと思い込まないようにしましょう
先ほど挙げた項目は、あくまでも簡単なもので断定できるものではありません。
主観的な判断よりも、客観的な判断の方がより正確な判断に近づけることが出来ます。
一番正確に判断するためには病院に行くことが一番ですが、とりあえず身近な家族にチェックしてもらうのも一つの手です。
ここは一番率直な意見を言ってくれる家族同士、恥じらいを捨てて頼ってみてはいかがでしょうか。
また、自分で改善できる点はどんどん取り入れてみましょう。
生活習慣を変えるだけでも、ニオイが軽減されたという人もいます。
自分に合った対策を実行し、自分のニオイとうまく付き合っていきましょう